読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめまして、佐相宏明です。

学生トライアスリート佐相宏明の試行錯誤の記録です。

大学4年目のクリスマスイブ

10:30

ペース走開始。今日は川沿いの10km3'50”ペースで走る。

今思い起こせば、調子に乗っていたんですね。昨日の8kmのデータがこちら。

 

 

connect.garmin.com

 

この水準はシーズン中とほぼ同じ。1kmの中で減速・方向転換・加速を2回繰り返すコース。このコースを3’45”で、余裕を持って走れたら、トラックでは3’40”で走れる。HR174/185だし、身体の上下動はそのままにストライドが伸びて、相対的にブレの少ないフォームが実現できた。腹圧を入れる感覚が数値にも出ていい感じ。自然と脚が出て来る、身体のほぼ真下で接地、CloudracerSpeedboardが身体を心地よく押し出してくれる、その反作用はハムストリングや臀部に。

 

で、いい気分になって今日も走ろうとする。ちょい緩めのペースで昨日+2km

 

11:00

あかん。やってしまった。アップ+開始2kmで右足首に鈍痛、左の膝下から脛にかけても脱力感がある。即帰宅、Lifeblood鍼灸マッサージ院の谷本先生に連絡。14時から本日のメインイベント、おもりを持ち上げる予定がある。トレーニングの前後に診察・治療をお願いできないか、とメッセージを送って返事を待つ。

 

11:30

谷本先生より入電。「今日はやめた方がいいよ。診てあげるから13:30においで」。この世に生を受けて22年と4ヶ月、クリスマスイブに女神様に会えたのは初めてです。女神様は必ずしも女性の姿をしているとは限りません。場合によってはアンダーアーマー着た鍼灸の先生の恰好をしているようです。スイムキャップの使い方にバリエーションがある人にも要注意。

f:id:hiroaki_saso:20161224235509j:plain

昼食のホッケを丸呑みして電車に飛び乗る。

 

13:30

飯田橋の治療院で施術していただく。不具合が発生した経緯、今の状態、受傷歴をできるだけ詳しく説明する。次に動きのチェックや触診があり、起こっていると考えられること、その原因を説明していただく。不明点、再発防止のために日頃すべきことを聞く。そして入念にマッサージ治療をしていただく。

きれいさっぱり良くなってしまう。使っているのは2本の腕と数十本の鍼だけ。本当に不思議だ。おかげ様で明日からまた練習に復帰できます。というかこの後すぐにでも練習できてしまいます。ありがとうございます。

 

f:id:hiroaki_saso:20161224235448j:plain

 

17:30

新百合ヶ丘ユニクロで温かいボトムスを買って帰る。コージーコーナーとケンタッキーに長蛇の列。巣をつつかれたハチみたいに人がいっぱい。

 

18:30

夕食。漬け込んでいた鶏の脚を母が焼く。母は偉大なり。親父「で、君は今年も家でご飯なんだね」。親父殿、鋭い。

 

21:00

お腹が落ち着いたところで、リアラインシューズを履いてスクワット。その後ローラー。明日の朝から乗る予定があるので、低強度で控えめに。最近我が家で市民権を失いがちなローラーであるが、ヨガマットとアマゾンのダンボール、そしてノートパソコンを目線の高さに設置するためのカラーボックスを備えてみる。暇つぶしにみるような動画を見ながら1時間、NP202W2時~4時で力がかかっているかを確認しながらこぐ。「ムダ」を可視化するサイクリングダイナミクスは便利だ。

 

connect.garmin.com

 

ペダリングにかなりムダがあるみたい。下死点越えて力が入ってるなんてダメダメである。インターバル以外の方法で、まだまだ速くなれる。

 

明日は早朝からバイク練です。メリークリスマス!